FC2ブログ

年末特番~第三部~

年末特番~第三部~の頁 です。
やがて店を出てたむろする参加者。
住人が気を取り直して[ほな!グスッ!カラオケ行こか♪]
[イェ~イ!]更に盛り上がる一同。
素朴な疑問が頭をよぎる…[カラオケもおごり?]誰が聞いたかは定かで無いが確かに聞こえた。
[ちょ!マジ勘弁してぇなぁ…グスッ…]怒ってはいない…泣きに近い弱々しい声で、精一杯の抵抗であるが[イェ~イ!!]と集団の声でかき消される…若い集団は恐い…。
突然、総裁が[胴上げだ!]住人を取り囲む男達。この男達が凄い!今までの登場人物を凌駕する、腕っぷしに自信のある奴ばかりなのだ!
映画[300(スリーハンドレット)]の主演を彷彿させる肉体の持主で、[人を踏んづけて歩く]前科者の『将軍』
小学校6年生にして[わては本気の力出しちゃアカンのや…]と自らの力をパンドラの箱に封印した、三重の怪童、人間山脈『安藤礼』
[青春こぶし荘オールスターズ]が一斉に住人を持ちあげる。

[ちょ!ちょ!待ってぇや!グスッ!]
そんな声は野良犬達の耳には届かない。力任せに住人の体が宙を舞う。
2回3回と舞った時、野良犬全員の目があった…より高くっ!

[!!!]

胴上げのレベルを越えていた…。力の限り投げ出された住人の体は、ノケぞり、[西口一番街]と書かれたアーケードを直撃する勢いであった。

[…はっぶな…はっぶな…グスリ…]震える唇を横目に野良犬達は[新しい遊び]を見つけて嬉しいのか、笑いが止まらない。
最早[誕生日者]を祝う胴上げでは無く、[西口一番街]のアーケードにぶつける事が目的となった。
放心状態の住人を再び担ぎあげるまで時間はかからなかった…思いは一つ!より高くっ!
野良犬達の強固な団結力は想像以上である。3回目の舞で早くもK点越え…いよいよその時がやってきた!全員のパワーが集中した!オラ達に力をくんろ!

[!!!人!!!]

奇跡が起きた!住人が宙で立ったのだ!
…[Air]
惜しくも[西口一番街]のアーケードに直撃はしなかったが、つむじはきっとナメタであろう…トランポリンの五輪代表よりも先に最高到達点を体験した住人は、声を失い、ただ遠くを見つめていた…。
[よぅ~し!カラオケ行くぞ!!]野良犬達は住人を尻目に池袋を闊歩し雑踏に消えて行くのである。
その日の宴は終電ギリギリまで盛り上がったとさ☆

ちなみに終電に乗り遅れた男一人が住人の[こぶし荘]に泊まる事になりました。

12年前の実話である。
スポンサーサイト



エスペランサ89
エスペランサ89
2009年4月16~19まで池袋シアターグリーンにて上演された、HUSTLE MANIAのエスペランサ89です。
コメント
この記事へのコメント
連載再開を待っていましたよ!!!!

ファンへの早いお年玉かな?

私事ですが、12月はずっと京都の山に修行にいっていて、携帯も取りあげられていたから渋谷からのハナウタカプセルの誘いの連絡も公演終ってから気が付いたから見に行かなくて残念だったよ。

でもハッスルメンバーの2008年での活躍を楽しみにしています。
そしてドル箱コーナー「こぶし荘」の続編も楽しみにしています。
2007/12/31(月) 05:10 | URL | 谷本進 #y59ahBlI[ 編集]
書き込み後に修正してるので読み直して下さいませ…主に鼻音が追加されてる程度ですが…。
あの時は凄かったですね♪今でもあの光景は思い出します。
その後帰り際の[背中モミジの儀式]も忘れる事が出来ません☆
2007/12/31(月) 05:59 | URL | 作者 #-[ 編集]
夢に出てきそうですhttp://blog102.fc2.com/image/icon/i/F9CF.gif" alt="" width="12" height="12">

初夢はこぶし荘で決まりhttp://blog102.fc2.com/image/icon/i/F9A2.gif" alt="" width="12" height="12">
2007/12/31(月) 11:20 | URL | a2c #-[ 編集]
黄色のタンクトップに緑色のとびのズボン、そしてエンジニアブーツ!
俺のプレゼントは、300円ぐらいのブラジルみたいな変テコなTシャツをあげました!
2007/12/31(月) 11:48 | URL | たき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hustlemania.blog102.fc2.com/tb.php/730-e3cf0e00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
にほんブログ村 演劇ブログ 小劇場へ
にほんブログ村
現在の閲覧者数: